アドレス 理想のアドレスへ姿勢サポート

良いアドレスのための筋肉ケア

良いアドレスをするためには、ストレッチで股関節まわりの筋力や柔軟性を身につけ、骨盤を前傾させることが大切。悪いアドレスは、スイングに悪いクセがつく原因です。アドレスを整えて、質の高い練習を目指しましょう。

ボディケア方法を動画でチェック

動画の内容は以下の記事でもご覧頂けます!

ストレッチ

ストレッチイメージ

  • 片足を1歩前に出し、つま先を上げる。
  • ひざを伸ばして、お尻を後ろに出しながら、上体を前に倒していく(約15秒)。
    ※左右3回ずつ繰り返して行う。

テーピング(丸シールタイプ編)

テーピングイメージ

  • ひざ裏の少し上の内側と外側に1枚ずつ貼る。
  • 太ももの真ん中に1枚貼る。

テーピング(ロールタイプ編)

テーピングイメージ

  • ひざ裏の少し上から、お尻に向かってテープを貼る。